絵画作品紹介

 

画像をクリックすると個別のポストカードがご覧になれます。

 

90ディグリーズ

(90 Degrees)
華氏90度の南の島
ビーチに寝転び見上げた空は

まさに楽園そのもの

 

カアナパリ

(Kaanapali)
全米人気No.1のビーチ・カアナパリ
観光客が去ったあと、

浜辺は本来の姿をとりもどします

 

ホヌ
(Honu)
海亀はサーファーにとって守り神
南の島々ではいつも側にいてくれる

暖かい存在です

カハナ
(Kahana)
サイズが上がってもメローな波に
夕陽も絶妙なアクセントを加える
そんなポイントがノースウエストには

あります

 

ホテルストリート
(Hotel st.)
アーティストの集うバニヤンツリーと
パイオニア・インの交差点では
いつも強烈な太陽が降りそそぎます

 

パステル
(Pastel)
ビーチでのうたた寝は、まぶたに太陽の刺激を残す
目を開ければ、そこには非現実的な

パステルな世界が現れます

シーエンジェル
(Sea Angel)
波に乗っても素敵ですが
ドルフィンスルーも美しいですね~
まるで人魚のダイブのごとく・・

 

パオハナ・タイム
(PauHana Time)
愛犬をビーチに待たせて
サンセットサーフィン
仕事帰りの”憩いのひととき”

 

デイライト
(Daylight)
柔らかく鮮やかな青空は
潮風のそよぐ南の島ならではの宝物です

 

マラ
(Mala)
ウエストマウイのロコに人気のポイント
レジェンド・シェイパーは愛車をビーチに残し
仲間達と海へ消えてゆきます

 

アフターザレイン
(After the Rain)
めったに降らないラハイナの雨上がりには
普段には無い特別な表情がみられます

 

タルタルーガ
(Tarutaruga)
おひさまのひかりをたっぷり浴びて
呑気な南の仲間たち
ゆらゆら プカプカ。。

 

プアマナ
(Puamana)
南国の夕暮れの空は
いつもブルーとオレンジの
しのぎあいとなります

 

クラ・スプリング
(Kula Spring)
ハレアカラの麓にある町クラ
春にはジャカランダによる
紫づくしの幻想空間を披露してくれます

 

マウイムーン
(Mauimoon)
月が太陽を追いかけ
独特なサンセットシーンを披露
紫とオレンジの絡み合いが哀愁のマウイです

 

グーフィースネイル

(Goofy Snail)

レフト方向に美しく巻き上がる
リーフ特有の波のかたち
「左巻貝」と名付けました

 

ラウニウポコ
(Launiupoko)
ロングボード天国のビーチパークは
いつもファミリーで賑わい
沈む夕日はひときわ大きい

 

タートル

(Turtle)

青空に浮遊するかの如く

暢気に浮かぶ海亀

水温も暖かい幸せな午後・・

 

パーム&チャーチ
(Palm & Church)
背の高い椰子の木が印象的な教会は
マウイ島ラハイナの喧騒を離れ
のんびり散歩するのに気持ちいい場所です

 

ラナイ
(Lanai)
ラハイナから椰子の向こうに
ぼんやり浮かび上がるラナイ島まで
延々と静かな空間が広がっています